Origamiと大垣共立銀行、資本業務提携を発表

〜銀行口座預金から直接スマホ決済を可能にし、キャッシュレスで地方創生を推進〜

2018.01.31

以前、このブログでも紹介していました国内のスマホ決済会社origamiが、2018年2月1日より大垣共立銀行と提携し、アリペイとともにキャンペーンを展開しています。

キャンペーン概要

大垣共立銀行の銀行口座(普通預金、総合口座)または共立クレジットのクレジットカード(共立UC、共立MUFG)を、Origamiアプリに登録し、専用ウェブサイトでエントリーを行ったお客様に、もれなく現金200円をプレゼント。

大垣共立銀行の銀行口座と共立クレジットのクレジットカードの両方を登録していただいたお客様には合わせて400円をプレゼント。(キャンペーン期間は、2018年2月1日〜4月30日)

 

Origami加盟店

約20,000店舗(※予定を含む)の加盟店がOrigami Payを導入しています。

今回のように、地域に根差した銀行&クレジット会社と手を組むことで、スマホ決済の裾野を広げていく模様。

地方ならではの取組み?

飛騨信用組合のさるぼぼ同様に、地域ぐるみで店舗網を広げられるのか?が焦点になるのではないでしょうか?

既存の店舗での決済は、現金が多いと思われますがクレジット決済や電子マネー決済もあります。そこにスマホをかざしてQRコードを読み取るorigami payが加わった場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

店舗側では、クレジット端末のような端末コストがかからないメリットがあります。

アリペイが中国で普及しているのは「決済手数料がかからない」ことが大きな要因ですが、国内ではそうはいかず、スマホ決済もクレジットカード同様に手数料がかかってしまうのです。もっと普及を後押しするメリットが無いと加速度的に増えていくとは思えません。

お客様側は、スマホにorigami payアプリを事前に入れておく必要があります。

店頭で、アプリを入れ銀行口座(もしくはクレジットカード)に紐付ける作業は簡単に行えるのでしょうか?

その地域ならではの大型店舗で採用され、便利さが浸透していくとか・・・今後の展開をWatchしていきたいです。

※外国人観光客向けにはアリペイが利用できるという点、喜ばれると思います。

 

<一般的なお店にはマルチで決済できるAir Payを>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.