店舗に使い易いPOSレジとは?

投稿日: カテゴリー: POSレジ

金銭登録だけの機能がついてレジを「ガチャレジ」とか「レガシーレジ」と呼ぶそうです。

casioとかシャープ製の安価なレジは3万円台から購入出来ます。

金額に付加できるのは部門情報程度でしょうか?

それでも立派に売上金額を記録してくれるので、分析をあえてしない店舗では今でも100万台以上使われていると思われます。

では、POS(ポイント オブ セール)というレジを入れる意味はどこにあるのでしょうか?

言葉の通り、販売時点でリアルタイムに売上がわかると何がどうなるのでしょうか?

スーパーマーケットなどでは、毎日の予算を管理しているので今日の売上が足りない時には店頭でワゴンセールなどして売上達成の為のアクションを起こすことが出来ます。

アパレルなどの小売業でも同じようなアクションを起こせると思います。

では、飲食店ではどうでしょう?  待ちの商売の場合は、売上がいまひとつの時は、道端に立って呼び込みするなど一見さんのお客様を取り込むのは難しいと思います。予約を取って成り立っている店舗では尚更です。

恐らく、居酒屋などではテーブルからオーダーが来て何分間追加が来ないなどの分析が出来ます。そうです!客単価を上げるツールとして活用できるのです。顧客管理機能がつくと、そのお客様の嗜好もわかるのでとても重宝出来、オーダーミスも極力減らすことが可能です。

従来のPC-POSや専用端末で培われたknowhowがスマホアプリにとって代わられた為、安価でも十分業務用端末として活用できるようになりました。

店舗側のスタッフにやる気が起こると、今度は予約の管理に!次はロスを減らす為に原価管理に!従業員の配置を適正化する為に勤怠アプリを!食材の注文に生かすことなども別アプリでやろう!!!という進化が見えてくるでしょう。

わかり易いイメージで説明すると『どんぶり勘定』から『売上の見える化へ』導いてくれるものがPOSレジと言えるのではないでしょうか。

ただ、管理する項目が増えてくるとマスターの管理や変更がめんどうになってきます。ましては、複数店舗で違う運用をしているなどシステム的にイレギュラーな処理が入ってくるなどの場合非常にやっかいです。

今までのPOSレジは、企業ごとの運用にマッチするようなカスタマイズが出来ることがシステムハウス側の対応で行われてきましたが、安価なアプリとして提供するタブレットPOSレジにカスタマイズを要求することは無理なところがあります。

そうは言っても、企業カラーによって運用方法が違うのが実態ですので、本当に使い易いレジにするにはある程度の要求を実現してくれるものが望まれます。

妥協できるところは妥協しても、企業の決め事は変えられないことが多いので対応可能なレジを選ぶ必要があります。

デモ版で確認するなど検討段階でしっかりと機能をチェックして使い易いレジを選択して下さい。特に小さな会社で作られたレジアプリは、どこまでのアフターケアをしてくれるのか?抑えておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です